2018年03月13日

「星の子」「騙し絵の牙」

こんにちは!仕事に追われているお兄さんです!
本屋大賞ノミネート作品読破企画を進めていきます。
今回紹介するのは「星の子」今村夏子、「騙し絵の牙」塩田武の二冊です。
すんげえテンション低い奥さんの分まで、頑張って語ってるお兄さんに称賛を!

ArtWork
posted by jison at 23:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

「百年泥」 石井遊佳

100年に一度の大洪水で、積もり積もって歴史を抱いた百年泥が人々の前にその姿を現した!
泥の中から引っ張り出された様々な物品から紡ぎだされる、奇想天外な物語に読者の頭は大混乱!
?ウソかマコトかインド発のとんでも小説ここにあり!

後半、奥さんのオリンピック総括!

ArtWork
posted by jison at 18:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

「おらおらでひとりいぐも」若竹千佐子

とりあえず、本屋大賞は置いといて、
今季芥川賞受賞作「おらおらでひとりいぐも」と「百年泥」を読みました。
旬がすぎる前に話しておきたいのです!
前半は「おらおらでひとりいぐも」若竹千佐子著。
どこにでもいるお婆さん桃子さんの頭の中で繰り広げられる、壮大な人生哲学!
そして、年の差夫婦の20年後へ向けての、お兄さんの愛情深い人生哲学!

ArtWork
posted by jison at 21:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする