2019年01月24日

「ワンコイン心理術」 メンタリストDaiGo PHP文庫



ワンコイン心理術 (PHP文庫)




あれは何だ!?

鳥だ!飛行機だ!!

メンタリストDaiGoだ!!!



ということで、

メンタリストDaiGoの著書を読むのはこれで二冊目である。



人は、良い結果を出したい、失敗したくないと思えば思うほど

緊張するし、緊張すれば緊張するほど成功から遠ざかる。

昔からよく、

緊張したときは手のひらに「人妻」と書いて飲み込めばよい

というが、

それを実践したところで緊張がほぐれたためしはない。

私はいままで、緊張のせいでたくさんの失敗をしてきた。

今思えばなぜあれほどまでに緊張していたのか、

己の精神の未熟さを恥ずかしくおもうばかりだ。

わたしたちが失敗したからといって、

ゴジラに国を壊滅させられることもないし、

巨大隕石が地球に激突して人類滅亡することもない。

わたしたちは大して何かが起こるわけでもない「失敗」、

を恐れて「緊張」を繰り返し、また「失敗」を繰り返す、

愚かな金髪ブタ野郎なのだ。

ごめん、金髪ブタ野郎と言いたかっただけだ。



かの歴史的な発明家、トーマス・エジソンは、

「私は失敗したことがない、

うまくいかない方法をたくさん見つけただけだ」


という名言を残して、

何度も人妻に猛アタックしたらしいが(ウソ)、

失敗を失敗と思わないように、

メンタルをプラスの方向に操作することができれば、

緊張におびやかされ

失敗に打ち負かされることはなくなる。

例えば、オレの人妻はこの人しかいない!

というような視野狭窄状態に陥ると、

相手の気持ちを引き寄せるのに必死になりすぎて、

結果相手に嫌がられる、

という本末転倒な失敗を犯してしまう。

なーに、人妻はこの人だけじゃない、

この世にはたくさんの人妻がいるわけだし、

この人がダメならもっといい人妻に、

もっといい方法でアタックすれば

いつかは必ずものにできるさ。

そんなふうに、物事を大きな視点で楽観的にとらえると、

ほーらなんだかうまく行く気がしてきたでしょう?


起こった出来事はすべて数字の1である。

その数字に+をつけるか−をつけるか、

それは我々のこころひとつが決めることだ。

たったそれだけで、

物事は良いほうにも悪いほうにも転がる、

ということを常に肝に銘じておかなくてはいけない。




ワンコイン心理術 (PHP文庫)


DaiGoメンタリズム ~誰とでも心を通わせることができる7つの法則~


一瞬でYESを引き出す 心理戦略。


これがメンタリズムです メンタリストになれる本


メンタリズム人の心を自由に操る技術 (扶桑社BOOKS)

posted by jison at 09:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする