2019年01月17日

「これがメンタリズムです メンタリストになれる本」 メンタリスト DaiGo 幻冬舎



これがメンタリズムです メンタリストになれる本




為せば成る、という言葉は本当で、

こんなことは絶対出来ないよ!

と思えるような事柄でも、

「どうすればできるか」

の研究と探求と追及を重ねていくと、

意外と出来てしまうものである。

マジックやメンタリズムも同じで、

びっくり仰天の不可思議現象の根底にあるのは、

皆が絶対に見抜けないような巧妙なタネや仕掛けではなく、

血のにじむような努力と練習によって培われた

演者の単純なテクニックだったりする。

第一印象でこんなことは出来ない!と思い込めば、

人はそれを自分でやってみようとは思わない。

実際やってみれば意外とできちゃうことに気づかないまま、

出来ない!と思い込み一生を過ごすことになる。


ボクは一時期、

マジックにかなりのめり込んだことがある。

当時ミスターマリックか誰かが、

千円札の真ん中にペンを突き刺し、

刺さってる部分をアップにして

まったく隠すことなくペンを素早く抜くと、

穴が一瞬でふさがったかのように

お札には穴があいていない!

という物凄いマジックをやってみせた。

ボクはそのトリックを昼夜考え続けたがついぞわからず、

最後にたどり着いた答えは、


「千円札ってペンで突き刺しても、

素早く引き抜いたら穴がふさがるような

物質で作られてるんじゃないか?

穴がふさがるわけがない、

というのは自分の勝手な思い込みなのではないか?

だって、誰も千円札にペンを突き刺そうなんて

思わないじゃないか!」



そうに違いない。

これは人々の思い込みによって生まれた盲点を

うまくついたマジックなのだ!




ボクはその日、

千円札にペンを突き刺せば穴があくことを知った。

そしてなんのタネも仕掛けもないままに

素早く抜いてみたところで、

あいた穴がふさがることもなく涙目になるだけである。

でもほら!穴あいたとこを指で伸ばして軽くモミモミすると、

全然目立たない!

これじゃ穴があいてないのと一緒だね!



メンタリストDaiGo

のパフォーマンスの種も仕掛けも単純だ。

それまでに重ねてきた彼の努力と研鑽が、

それを複雑にそして不可思議に見せているだけなのだ。

誰でもメンタリストになれる。誰もが何にでもなれる。

あくなき探求心の果てに輝かしい未来があるのだと、

そう思い込んで生きていきたい。



これがメンタリズムです メンタリストになれる本



posted by jison at 15:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする