2018年02月22日

「おらおらでひとりいぐも」若竹千佐子

とりあえず、本屋大賞は置いといて、
今季芥川賞受賞作「おらおらでひとりいぐも」と「百年泥」を読みました。
旬がすぎる前に話しておきたいのです!
前半は「おらおらでひとりいぐも」若竹千佐子著。
どこにでもいるお婆さん桃子さんの頭の中で繰り広げられる、壮大な人生哲学!
そして、年の差夫婦の20年後へ向けての、お兄さんの愛情深い人生哲学!

ArtWork
posted by jison at 21:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする